New Relic を使ってみた

料金体系

  • TDP (Telemetry Data Platform) : データ取り込み
  • データ取り込み: 0.25 USD/GB (100 GB/月まで無料)
  • FSO (Full Stack Observability) : UI
  • Pro/Enterprise プランがあり、料金は非公開
  • ユーザー数による料金 (1 ユーザーまで無料)
  • NAI (Applied Intelligence) : AI によるインシデント
  • Proactive Detection) ?? USD/100万トランザクション (1億トランザクション/月まで無料)
  • Incident Intelligence) 0.5 USD/インシデント (1,000インシデント/月まで無料)

参考)

Infrastructure Agent のインストール (Linux)

"Add more data" から OS を選択し、ガイドに従って Agent をインストールします。

Raspberry Pi OS も Raspberry Pi 3 以降であれば同じ手順でインストールできるようです。

curl -Ls https://download.newrelic.com/install/newrelic-cli/scripts/install.sh | bash \
  && sudo NEW_RELIC_API_KEY=NRAK-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX NEW_RELIC_ACCOUNT_ID=XXXXXXX \
  /usr/local/bin/newrelic install

Raspberry Pi の場合はこのインストーラーは使えないようなので、tarball (arm 版) をダウンロードしてインストールします。この場合は基本メトリクスの送信のみ設定され、Golden Signal Alert やその他のインテグレーションは設定されません。

参考) Tarball assisted install of the infrastructure agent for Linux

こちらから newrelic-infra_linux_1.20.7_arm.tar.gz をダウンロード。

cd /usr/local/src/
sudo curl -O https://download.newrelic.com/infrastructure_agent/binaries/linux/arm/newrelic-infra_linux_1.20.7_arm.tar.gz
sudo tar xzf newrelic-infra_linux_1.20.7_arm.tar.gz
cd newrelic-infra

config_defaults.sh にライセンスキーを入力する。

license_key="XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXNRAL"

インストール

sudo ./installer.sh

ログ設定

newrelic-infra 自体のログを送信するには、/etc/newrelic-infra.yml に以下を追記する。

verbose: 3
log_format: json

再起動が必要。

sudo systemctl restart newrelic-infra

ログ設定 (カスタム)

/etc/newrelic-infra/logging.d/supervisor.yml

arn:aws:iam::215154909368:role/NewRelicInfrastructure-Integrations

AWS 統合

参考) Connect AWS to New Relic infrastructure monitoring

one.newrelic.com > Infrastructure > AWS から手順に従って IAM ロールを作成する。

  • IAM Role) NewRelicInfrastructure-Integrations

AWS CloudWatch Logs 統合

参考) AWS Lambda for sending CloudWatch logs

AWS Serverless Application Repository から、「NewRelic-log-ingestion」を検索して AWS アカウントにデプロイする。

  • NRLicenseKey に API キーを入力