Drone CI Open Source Edition のコンテナイメージをビルドする

Docker Hub に用意されているものは Enterprise Edition のため、一定規模以上での無償利用にはビルド数に制限がある。機能は少ないが制限なしで使える Open Source Edition をコンテナで動作させる。

環境

ビルド手順

Drone Server のビルド

BUILDING_OSS を参考にビルドする。

デフォルトのビルドは glibc にダイナミックリンクされるため、素の alpine 上では動作しない。そのため、-ldflags "-extldflags \"-static\"" をつけてスタティックリンクする。以下は golang コンテナで drone-server をビルドする例。

$ DRONE_VERSION=1.6.0
$ git clone -b v${DRONE_VERSION} https://github.com/drone/drone drone_${DRONE_VERSION}
$ cd drone_${DRONE_VERSION}
$ docker run -it -v `pwd`:/src golang bash
# cd /src
# go build -tags "oss nolimit" \
    -ldflags "-extldflags \"-static\"" \
    -o release/linux/amd64/drone-server \
    github.com/drone/drone/cmd/drone-server
# exit

Docker イメージ作成

Dockerfile.server.linux.amd64 を参考に Dockerfile を作成する。(Datadog は無効化したくらい。)

# docker build --rm -f docker/Dockerfile -t drone/drone .

FROM alpine:3.9 as alpine
RUN apk add -U --no-cache ca-certificates

FROM alpine:3.9
EXPOSE 80 443
VOLUME /data

RUN [ ! -e /etc/nsswitch.conf ] && echo 'hosts: files dns' > /etc/nsswitch.conf

ENV GODEBUG netdns=go
ENV XDG_CACHE_HOME /data
ENV DRONE_DATABASE_DRIVER sqlite3
ENV DRONE_DATABASE_DATASOURCE /data/database.sqlite
ENV DRONE_RUNNER_OS=linux
ENV DRONE_RUNNER_ARCH=amd64
ENV DRONE_SERVER_PORT=:80
ENV DRONE_SERVER_HOST=localhost
#ENV DRONE_DATADOG_ENABLED=true
#ENV DRONE_DATADOG_ENDPOINT=https://stats.drone.ci/api/v1/series

COPY --from=alpine /etc/ssl/certs/ca-certificates.crt /etc/ssl/certs/

ADD release/linux/amd64/drone-server /bin/
ENTRYPOINT ["/bin/drone-server"]

ビルドする。

$ docker build -t drone${DRONE_VERSION} .